美味しい水を飲むために水温にこだわる

水温にこだわる

 

水は温度によって美味しさの感じ方が違います。

 

  • 喉が渇いた時・・・冷えた水が美味しく感じる
  • 最も甘さを感じる水温・・・人肌程度の約36度

 

実はこれらはいずれも「美味しい水」ではありません。

 

  • 冷たい水・・・水に甘さを感じられず胃腸に負担をかけるためNG
  • 温い水・・・甘さを感じることはできても美味しくないためNG

 

  • 美味しい水に適した温度・・・5度~12度がよい
  • 5度~12度を中心に季節や状況によって水温を調節する
  • 水に甘さを感じたいなら・・・15度~17度くらいの常温がよい

 

このように水は温度が違うだけで味や美味しさの感じ方が違ってきます。

スポンサーリンク

【美味しい水の温度】

 

硬水の場合
温度…12度~15度
美味しい飲み方・・・軽く冷やす
※マグネシウム豊富なため冷やしすぎると苦味が出て飲み難くなる

 

軟水の場合
温度・・・15度~18度
美味しい飲み方・・・常温
※ミネラル分が少ない為、常温が水本来の美味しさを楽しめる

 

スパークリングウォーターの場合
温度・・・7度~12度
美味しい飲み方・・・少しだけ冷やす
※シュワシュワの炭酸を楽しむために少し冷やすと良い

 

人の味覚と水の美味しさ

味覚は甘い、しょっぱい、すっぱい、苦い、これらを主に感じますが、温度によって味の感じ方が左右されます。特に甘みが温度に影響されます。

 

またミネラルウォーターの場合、硬水にはミネラル分が豊富に含まれているため、冷やし過ぎにより苦味が出て飲み難くなります。

 

ただ、味の好みはひとそれぞれなので水温に拘って自分好みの温度を探してみると良いでしょう。

 

ちなみに水を美味しく感じるようになると子供もジュースを欲しがらなくなるので、

 

 

  • 目的に合ったイイ水を選ぶ
  • 水と好みに合った水温を見つける

 

これらで子供に水の美味しさを教えてみるのもオススメです。ジュースなど糖分が入った飲み物を欲しがらなくなると、その分、太り過ぎや肥満、糖尿病などのリスクを減らすことにも繋がります。