むくみ対策に有効な水の飲み方

むくみ対策

 

水を飲み過ぎても、水を飲む量が少なくても体はむくみます。そんなむくみ対策に有効な水の飲み方は次になります。

 

【コーヒー、お茶の飲み過ぎはNG 】

これらの飲み物は利尿作用に優れているため飲み過ぎることで、体に必要な水分までも排出されることがむくみの原因になります。更にアルカリ性飲料に属することから飲み過ぎで胃の殺菌力低下を招く原因になるため飲み過ぎはNG!

 

【ガブ飲みや一気飲みはNG】

ミネラル豊富なミネラルウォーターを飲む時、できるだけゆっくりと飲むよう心がけましょう。そうすることで体内に入った時のミネラルの吸収率がアップします。

 

【食後2~3時間の水分の摂り過ぎはNG】

食事中や食後は活発に胃が動いているため水分の吸収率が高まります。この時に水分を多く摂ることがむくみの原因になります。そのため食後2~3時間経ってから水を飲むのがオススメです。

 

ちなみに食事中、必要以上に水分を摂ると胃液が薄まり消化不良の原因になったり、胃液の殺菌力低下の原因となるため注意しましょう。

 

【就寝直前の水分補給は飲み過ぎNG】

就寝中は腎臓機能も低下しています。なので就寝直前の水分補給で飲み過ぎると、これが翌朝むくむ原因になります。そのため就寝前の水分補給は寝る2時間前がオススメです。

 

軟水から中硬水の水でむくみ解消
1日に飲む回数・・・午前と午後に2回ずつの計4回
1回に飲む量・・・コップ半分が目安
スポーツをした後、入浴後など汗をかいて体温が上昇している時に飲むと有効
注意・・・夜は飲まない

 

アルカリ性の水でむくみ解消
1日に飲む回数・・・午前と午後に2回ずつの計4回
1回に飲む量・・・コップ半分が目安
スポーツをした後、入浴後など汗をかいて体温が上昇している時に飲むと有効
注意・・・夜は飲まない
スポンサーリンク

体がむくむ理由

水を飲み過ぎても、水を飲む量が少なくても体はむくみますが、中でもむくみ易いのは後者です。もし特に水分を沢山摂ったわけでもないのに体がむくんでいる時は、水分不足が原因と考えられます。

 

体が水分不足になると脳から水分の排出をストップする指令が下されることで、体に水分をため込もうとします。すると尿や汗の量が減り体に余分な水分がため込まれることでむくむわけです。

 

また日頃から水分を摂らない人もむくみやすくなります。日頃から水分を摂らない場合、常に体が水をため込む状態になっているので、その時に水を飲むことでむくみます。

 

更に尿量が少ないと代謝も悪くなることで、むくむ、冷え、便秘の原因になります。つまり日頃から水分を摂って尿量を増やし代謝をアップさせれば、むくむ、冷え、便秘のこれら全てを一気に解消できる!というわけです。

 

どうせ飲むならバナジウム水

バナジウム豊富な水はむくみ対策に有効です。血糖値を低下させドロドロ血液からサラサラ血液へと改善されることで全身の血流が良くなります。

 

  • 低体温の人も体温が上がる
  • 汗や尿で体内の余分な水が排出される

 

などの理由からむくみを解消できます。

 

そのためむくみ対策でどうせ飲むならバナジウム水をオススメします。