病気予防のための正しい水の飲み方

病気予防

 

水の飲み方を意識する、しないだけで病気の原因になったり、逆に病気予防に役立ったりする程、水の飲み方はとても大事です。正しい水の飲み方をすれば病気予防に役立ちます。

 

人は加齢と共に体内の水分量が減少していきます。また細胞が酸性へと傾いていきます。すると病気の原因になったり所謂、老化現象と呼ばれる様々な症状が見られるようになってきます。

スポンサーリンク

【選ぶ水の種類】

 

そこで元の状態に戻すためにアルカリイオン水がオススメです。そして水分補給はこれまでより沢山の量の水を摂るよう心がけましょう。

 

【飲むタイミング】

 

寝る前の水分補給は欠かせません。何故なら寝ている間に水分が奪われているためです。なので寝る前に水分を摂ったら失った水分を補給するために寝起きの朝にも水分補給するよう心がけましょう。

 

【病気予防のための正しい水の飲み方】

 

水の種類…アルカリイオン水
1日に飲む量…2.3~3リットル
1回に飲む量…200ml
飲むタイミング…寝る前、寝起き、入浴前、入浴後など汗をかく前後

 

体の水は入れ替わる

体内の水は入れ替わります。

 

入れ替わる水は普段の水分補給の水で良し悪しが決まります。体にイイ水を飲んでいれば体内の水も毒素などがない健康的な水となりますが、逆に体に悪い水を飲んでいればドロドロ血液など病気の原因になります。

 

そのため毎日飲む水を見直してみましょう。

 

ミネラルウォーターなら水分とミネラルの両方を手軽に補給できるし、体に合う水を飲んでいればそれだけで健康増進に役立ちます。