発がん性物質を追い出す水

発がん性物質をやっつけろ

 

発がん性物質は身近なところに潜んでいます。

 

  • 水道水に含まれるトリハロメタン
  • 食品添加物
  • ダイオキシン
  • タバコの煙

 

など数々の発がん性物質と生活を共にしていることから、容易に体内に取り込んでしまうことになります。

 

そこで水の登場です。水は性質上、様々な物質を溶かし込みます。それは発がん性物質に置いても同様です。

 

つまり日頃から水をこまめに飲んでいる人は、そうでない人に比べ発がん性物質を体内から追い出すことができている!ということであり、水を飲むことががん予防として役立っている!ということになります。

 

発がん性物質を追い出す水
水の種類・・・アルカリイオン水
飲み方・・・ね置き、午前中、寝る前に各コップ1杯ずつ飲む
※毎日のこまめな水分補給に適する水で飲むことで発がん性物質を体外へ排出
スポンサーリンク

がん予防と水分補給

中高年層でがんの発症率が高いとされています。これは加齢に伴う細胞の老化により体内に水を留めておけなくなっているためです。

 

すると体の水分が減ることで脱水状態になります。

 

 

そのため年齢を重ねるとともに水を飲む量も増やしていくことが大事で、体の中の水分を満たしておくよう心がけると、それががん予防に役立ちます。

 

これに加え酸性に傾きつつある細胞を元の状態に戻すためにも、アルカリイオン水がオススメです。