食べ過ぎと食欲不振対策にオススメな水の飲み方と水の種類

食べ過ぎや食欲不振

 

食欲旺盛なのは健康の証だから…とは言え、食べ過ぎると肥満の原因になり、肥満を放っておくと糖尿病や様々な病気へと発展するため、やはり食欲があっても食事は「腹八分目」で留めておきたいものですよね。

 

食べ過ぎ対策にオススメな水
水の種類・・・炭酸水あるいはミネラル豊富な硬水
飲むタイミング・・・食前
効果・・・食前に飲んでおくことで食事摂取量を抑えられる
※ストレスが原因で食べ過ぎる時も食前のミネラルウォーターで気分が落ち着く

 

【どうしても食べ過ぎてしまう場合】

 

  • 暴飲暴食は胃酸の出を悪くさせる原因となり胃腸の働きを悪くする
  • 消化機能が低下すると消化不良などの原因となる
  • 胃腸へかける負担が大きい

 

【対策】

 

  • お疲れ気味の胃腸をアルカリイオン水で緩和し回復させる
  • 胃腸の働きが悪い場合は重炭酸塩を含む水がオススメ
  • 重炭酸塩は胃腸の調子を正常化させたり消化酵素の働きに関与する

 

このように食べ過ぎ予防や、どうしても食べ過ぎてしまう人は上記のように飲む水の種類と水を飲むタイミングを意識してみましょう。

スポンサーリンク

食事中と食後の水分補給のポイント

食事中に水をたくさん飲むこと、実はあまりオススメできません。

 

また「食後の一服タイム」と称して食後にお茶やコーヒーなどで一息つく人がいますが、こちらも体にイイ水の飲み方として食後の水分摂取はあまりオススメできません。

 

【食事中の水分補給の注意】

食事中に水をたくさん飲み過ぎると胃液が薄まります。すると本来、胃で消化されるはずの食べ物の消化が悪くなります。更に胃液が薄まることで胃液の殺菌力低下も招くこととなる結果、食中毒や食あたりの原因になります。

 

【食後の水分補給の注意】

食後はまだ胃の中に残った食べ物を消化するため活発に胃が動いています。この時は水分を吸収しやすい状態にあり、これは体が水分をため込み易くなっている状態とも言えます。つまりこの時に沢山の水を飲むと当然むくみの原因になるというわけです。

 

このように食事中と食後の水分補給の仕方には十分注意が必要です。ダイエットの為とか、食事量を減らすためとか、人によって食事時に水を飲む理由は様々なのは分かります。

 

ですが食事にはお吸い物、味噌汁、煮物など水分を一緒に摂るメニューが並ぶかと思います。なので敢えて水を沢山飲む必要はないのです。

 

  • 食事摂取量を減らしたいなら食前に水を飲む!
  • 食後は2~3時間空けてから水を飲む!

 

これらを心がけましょう。

 

食欲不振の時にオススメな水の飲み方

消化不良、胃酸過多が原因で食欲不振になっている場合は、胃腸の機能が疲労し酸性へ傾いている時です。

 

そのため酸性から元の状態にリセットするためにアルカリイオン水がオススメです。

 

アルカリイオン水で疲れ体調を回復させてあげましょう。