海洋深層水が海水なのにしょっぱくない理由

海洋深層水

 

海水は普通しょっぱいものです。しょっぱいを通りこして塩辛い?そんな味がするものですが、同じ海水である海洋深層水はしょっぱい味はしません。その理由は、採水から飲料用にするまでの加工の工程にありました。

 

海洋深層水は水深200m以下から採水されますが採水されたままの海水はしょっぱくて、とても人が飲めるものではありません。

 

そこで深海水を汲みあげた後にミネラル、水分とを分け塩を除去したり殺菌などの処理が施された後に再度ミネラルを含ませているため、海洋深層水は海水なのにしょっぱくないのです。

 

こうした工程を経てお店で売られている海洋深層水はミネラルウォーターには属さず、機能水に属します。

 

ちなみに海洋深層水は各メーカーによって特徴が異なります。

 

  • 地下水をプラスしている
  • ミネラルを添加している

 

など加工の工程が違うため商品によって、水の硬度、味、含まれているミネラルと含有量などが異なります。

 

そのため海洋深層水を取り入れる場合には、成分表示をチェックしながら色々試しに飲んでみて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

海洋深層水とは

海洋深層水とは「水深約200m以下で太陽の光が届かない水温の低い海水」です。

 

太陽の光が届かないため、年中通して低い水温が保たれ、大気汚染や化学物質など体に害を与える有害物質や細菌の影響を受けることがない上、ミネラル成分が変化することもありません。

 

また海洋深層水には美容や健康維持に欠かせないミネラルを豊富に含んでいます。その数約60種類以上とも言われており、しかもそのミネラルバランスが人体にとって理想的であることから美容や健康に役立つ水として人気があります。

 

特にミネラルウォーターに比べマグネシウムの含有量が豊富である為、

 

  • 心臓病
  • 高血圧症
  • 塩分の摂取量を制限している人

 

 

などの人にオススメですが、同じ海洋深層水でもメーカーが違えばマグネシウムの含有量も異なるので、マグネシウムの効能を期待するなら成分表示をチェックしてマグネシウムの含有量が多い物を選ぶと良いでしょう。

 

但しどのミネラルにおいても言えることですが、過剰摂取には要注意です。

 

美容や健康にいいミネラルの摂取は過不足なく、バランスよくが一番イイのです。