クラスター水が人気の理由

クラスター水

 

クラスター水に興味を持っている人が意外に多いことに驚いた私です。

 

クラスター水は体内に入ると細胞への浸透性に優れているため、細胞を元気にしてくれます。そんな飲んだ時に細胞へ水が浸み渡っていく効果により、クラスター水は人気があります。

 

特に最近私が気になっているのは、

 

全米飲料水部門第一位!ナノクラスター水「ヴィボ」」

 

こちらのクラスター水のポイントは何と言っても、

 


通常のミネラルウォーターと比較すると、VIVOはクラスターが極めて細かいナノレベルのため、 一本(500ミリリットル)でミネラルウォーター2リットル分以上の働きをします。

>
今回、日本製造「VIVO」のナノクラスター値は66Hz(世界最小)を達成致しました。
引用元:ナノクラスター水「VIVO」販売元公式サイト

 

この点です。クラスターがナノレベルでしかも500ml1本で他のミネラルウォーター2リットル分以上の働きをするって・・・スゴイとしか言いようがありません。しかも硬度は超軟水なので日本人でも抵抗なく飲める水となっています。

スポンサーリンク

クラスター水とは?

クラスター(水分子の集合体のこと)が小さい水の事を言います。特徴としては体内に入った時に細胞への浸透性に優れていることから、細胞を元気にして体にイイ効果があると言われています。

 

但し「クラスター」と「水の美味しさ」や「水質」とは関係性があるものではありません。なので「クラスターが小さい水=美味しい水」とは限らないので注意してください。

 

また常温の水より冷水の方が美味しく感じるものですが、クラスターは冷やすほど大きくなります。クラスターが小さいことによるメリットを考慮すれば、クラスターは小さい方が細胞への浸透性がいいわけですから、冷水よりも常温で飲むのがいいでしょう。

 

クラスターと水質の関係

水は会合体(水分子同士の水素結合)からできていて、休むことなく変化し続けているため水の構造そのもの解明は未だされていませんが、とりあえず会合体同士の集合体が「クラスター」と呼ばれるものです。

 

昔から「水はクラスターが小さいものが体にイイ」とされてきました。それは細胞への浸透性に優れていることで、必要な栄養などが行き渡り溜まった毒素などの排出もし易くなるためです。つまり細胞が元気になって体も元気になる!ということです。

 

しかし水は絶えず変化し続けるものですから当然、クラスターも変化し続けているものであり、それはつまりクラスターと水質の関係で言うと「全く関係なし!」ということができます。

 

但し「水の味」については好みに個人差があるため一概に美味しい、マズイとは言い難いものです。

 

クラスターだけで言うと常温の水より冷水が美味しいと感じたならクラスターの大きい水を美味しいと感じてることになるし、その逆も然り。

 

これに加え水の味は水に含まれるミネラル成分や水温にも左右されるものであるため、やはりクラスター水が美味しいか否かは個人の判断に委ねるところとなります。