体にイイ水は健康効果をもたらす

水は体に健康をもたらす

 

人の大半は水分で、この体内の水分は約1ヵ月ほどで全て入れ替わると言われています。つまり「体にイイ水」ばかり摂っていれば健康体へ、逆に「体に悪い水」ばかり摂っていれば健康を害するということになりかねない!ということです。

 

というのも体にイイ水は様々な健康効果をもたらしてくれるからです。そんな水に秘められたパワーは医学界でも注目されています。

スポンサーリンク

【水がもたらす健康効果】

 

◆老化防止

加齢に伴う老化の中でも肌に関する老化は水を飲むことで防ぐことができます。肌の乾燥やシワなどは体液の減少が原因ですから、体にイイ水をこまめに飲んで体液を減らさないことが老化防止に繋がります。

 

◆体内の余分な毒素や老廃物を排出

体にイイ水をこまめに飲んで適度な運動をしていれば、尿や汗などから体内の余分なものが体外へ排出され、サラサラ汗やサラサラ血液になることで様々な病気予防に役立ちます。

 

◆汗による解熱効果

風邪を引いたり、運動をした後は体温が上昇します。このような場合に汗を出すことで体温調節し平熱へと戻します。なので体温が上がっている時に沢山汗をかくことはイイことなのです。

 

◆解毒と中和

水は食べ物や飲み物などで体内に取り込んだ有害物質の解毒や毒性を薄めて中和する効果があります。例えばお酒を飲めばアセトアルデヒドを分解し悪酔い防止、胃酸の分泌が過剰な場合などで酸性に傾けば体を中和して正常な状態にします。

 

◆新陳代謝を高める

体にイイ水を適量飲むクセをつければ新陳代謝が高まることで脂肪燃焼され易くなり、ダイエットや肥満防止などに有効です。

 

◆嘔吐の促進

体に害となる有害物質を摂り込んだ時、沢山の水を飲んだ後に嘔吐することが応急処置なります。例えば食中毒が疑われる時や洗剤などを誤飲した時に役立つ方法です。

 

◆体に刺激を与える

寝起きコップ1杯の水はまだ機能が鈍い内臓に刺激を与え動きを活発化させるため、例えば便通が促されたり、食欲が湧いたり、二日酔いがマシになるなどの効果があります。

 

◆利尿効果

水を飲むことでトイレが近くなる。という人もいますが、尿には体内の余分な毒素や老廃物なども含まれています。むくみが気になる人はこまめに水分補給して老廃物を体外へ排出させましょう。

 

◆排便の促進

水を飲むと腸で吸収されるので腸の蠕動運動を活発化させることから排便の促進に繋がります。逆に摂取する水の量が少ないと便秘になります。