水の硬度とは?

硬水と軟水の特徴

 

水には「軟水」と「硬水」があり、これらは「硬度」により区別されます。水を買う時でもラベルに表示されているので水の硬度を簡単にチェックできます。

 

【水の硬度の算出法】

(1リットル中に含まれるカルシウムの量(mg)×2.5)+(1リットル中に含まれるマグネシウムの量(ml)×4.1)=水の硬度

 

軟水
軟水…0~60ml/L未満
中軟水…60~120ml/L未満
特徴…まろやかで飲み易い

 

硬水
硬水…120~180ml/L未満
超硬水180ml/L以上
特徴…味に重みがあるなど独特のクセがあり飲み難い

 

水の風味はこの硬度によって決まります。中でも硬度の高い硬水の水はマグネシウムが豊富に含まれていることで、重みのある風味と喉ごしが強いため独特の飲み応えがあります。

スポンサーリンク

軟水と硬水の特徴

 

軟水の特徴
ミネラル成分の含有量が少ない
クセがなくサラリとしていて飲み易い
コーヒー、お茶、紅茶、調理などでの使用にも適している
赤ちゃんの粉ミルクも作れる

 

硬水の特徴
ミネラル成分の含有量が多い
マグネシウムが多い程、苦味があり飲みずらい
健康維持目的のミネラル補給に最適
マグネシウムの過剰摂取で胃腸障害の原因となるため飲み過ぎに注意
マグネシウムと石鹸の脂肪酸の結合により泡立ちが悪い

 

【水の硬度が違ってくる理由】

ミネラルウォーターは地中に浸み込んだ水が地層を通過する過程でろ過されるとともに、地層に含まれる様々なミネラル成分を吸収して湧き出た水の事を言いますが、水に含まれるミネラルは地層に含まれるミネラルに大きく左右されます。

 

マグネシウムやカルシウムが豊富に含まれる程硬水になり、地層に浸透させる時間が長ければそれだけ硬度が高くなります。

 

これに対し日本は水の流れが速い為、地層に浸透している時間が短いことからミネラルの含有量が少ない軟水が多い。というわけです。